2015年4月、空撮事業をスタートしました!

これまでの有人機による
空撮とは違う低高度、
近接撮影が4K高画質動画で撮影できます!
どうぞご利用下さいませ!

有限会社トライマックス(http://www.trymax.jp/)では、2015年4月から、ラジコンヘリコプター(通称:ドローン)による空撮事業をスタートさせました。ドローン(DRONE)とは無人機の通称で、一般にマルチコプターを指しています。おおむね高度150m以下では航空法の規制外となるため、有人機による撮影とくらべ自由度が高く、対象物へ限りなく近づいた撮影や、設定した座標を飛行する自動航行など、これまでに無い映像表現が可能です。

弊社採用のドローン

S900-2 P2-1
1号機 DJI S900 2号機 DJI Phantom2
搭載カメラ:Panasonic GH4(4K対応) 搭載カメラ:Gopro4Black(FW更新により4K対応)
自動航行対応型  ワンマンオペレート仕様
操縦・カメラ操作の2オペレータによる運用
drone_ban2

企業ビデオ・PV以外にも

災害調査やスポーツの現場でも威力を発揮!

fieldplay
また、全く新しい視点からの撮影が可能となるため、企業ビデオやPVなどの印象的なカットだけでなく、測量や災害現場で人が入れない地点の調査なども可能です。さらにスポーツの現場では、戦術・フォーメーション確認のための直上からの撮影など、これまでにないデータ分析が可能です。
tel_bannar.fw
・ヘキサ(6枚翼)またはクアッド(4枚翼)による撮影(1フライト10分×4回まで。操縦・撮影の2オペレータ制)です。・撮影地の使用許可等が必須となる場合がありますので、撮影可否についての詳細はお尋ね下さい。・当日の天候及び風速5mを超える場合は撮影が不可となるケースもございます。・その他、諸条件によりフライトが不可能な場所などもありますので、合わせてお問合わせ下さい。・機体のみのレンタルは行っておりません。・移動費及びその他経費が必要となる場合があります。・撮影にあたり対人・対物ともに5億円までの賠償責任保険に加入しております。・撮影のみ(素材データお渡し)となりますが、弊社は制作会社ですので、編集作業もお受けいたしております(別途ご相談させていただきます)。